MP-12+「ランボル」レビュー

トランスフォーマー
スポンサーリンク



 今日はマスターピースの「ランボル」です。
プラス仕様での発売とのことですが、「サンストリーカー」発売に合わせた事実上の再販ですね(*´▽`*)

商品の詳細

【購入】2017年11月
【価格 9180円(税込み)
【メーカー】タカラトミー

 外箱のデザインはマスターピース共通です。
以前の物とは写真が両面共に変更されています。
「再版じゃないよ(・´з`・)」アピールに溢れてますね。

 付属品

 〇「ランボル」
 〇フレアーガン
 〇ロケットランチャー
 〇パイルドライバーA
 〇パイルドライバーB
 〇パイルドライバーC
 〇キャラクターカード
 〇取説
  パイルドライバーが3種類も入ってます(゚Д゚;)

 キャラクターカード

 勇気が10です。さすがはサイバトロンの鉄砲玉切り込み要員です。フレアーガンとロケットランチャーを装備しているのに火力がやや低いように感じます(;´Д`)

 取説

 ビークルモードのモチーフとなった実車の説明から武器類の説明まで細かく記載されています。

スポンサードリンク


「ランボル」の記事です。比較用にどうぞ(*´▽`*)
マスターピース「ランボル」レビュー

ビークルモード


 張り切って照明を当てすぎました( ゚Д゚)


 「ランボルギーニ・カウンタックLP-500S」にトランスフォームします。

 この現世において最もカッコいい車です\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 若干ボディカラーが変更されているようです。それとボンネンットのサイバトロンエンブレムが大きくなっていてランボルギーニのエンブレムが塗装されていません。
アニメ登場時の仕様に合わせた結果だと思います。

 地を這うような低い車高の「カウンタック」を忠実に再現しています。
イヤー!!!!カッコいい!!!!!!

 武器を天井に装着できます。

 スタイリッシュな「カウンタック」が一気にダサくなりますがこのダサさがいいんです( ̄▽ ̄)

 

ロボットモード


 もはや説明書は不要です。そらでトランスフォームできます。



 外観上はカラーと胸部のサイバトロンエンブレムの大きさ以外の違いはないように見えます。


 可動範囲に関しても特に変更はありません。
遊ぶのには不都合ありません(*´▽`*)

 このプラス仕様最大の変更点!!!

 それは・・・・・・・・


 パイルドライバーが3種類付属していることです\(゜ロ\)(/ロ゜)/

パイルドライバーA

 これはMP-12にも付属しているものと同じものです。

 7話あたりで「ダイノボット」の元になった恐竜の化石を発掘するときに使用していました。

パイルドライバーB

 これは59話で地価を掘り進んだ時ン使用していました。

 50話以上ぶりの登場ですからバージョンアップされているんでしょう。
銀色で塗装されて大きくなっています。

パイルドライバーC

 19話でバンブルの救助に使用されていました。
なぜ「C」なのに登場回が19話なんでしょうか?こちらが「B」でもよかったのでは?

 ブレード状でカッコいいですね。
 近接戦闘用の武器として用いることができそうです。

 武装はフレアーガンとロケットランチャーです。


 ロケットランチャーは主に夜間の戦闘時に照明弾を撃つことに用いられていたそうですが、他の弾頭を発射することも可能ということなので、やっぱりもう少し火力の数値を上げてもよかったのでは・・・(´Д`)

マスターピースMP-12+「ランボル」レヴューまとめ


〇ビークルは実車に忠実な形状を再現しています。
〇関節可動域は特に変更なく当時のままですが不満はありません+(*´∀`*)
〇変更点はボディカラーとサイバトロンエンブレムの大きさの変更と「ランボルギーニ」のエンブレムが塗りつぶされていることです。
〇パイルドライバーが豊富です。様々な発掘シーンを再現できます。

 事実上の再販に近いものだと思います。
 もうAmazonで半額近くで販売されていました(´;ω;`)ウゥゥ

 でもビークルモードもロボットモードも好きな戦士なので何の問題もありません(゚Д゚)ノ

 では、また(^O^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました