パワードシステム・マニューバデルタ 空中戦術部隊ver.

ダイアクロン
スポンサーリンク



 今日はマニューバデルタ空中戦術部隊ver.を紹介します。
マニューバになってからは2体とも海兵隊ver.ではなくなったようですね。
マニューバアルファに続いて鮮やかな赤いボディカラーのマニューバデルタを見ていきましょう。

スポンサーリンク



 パワードシステム・マニューバデルタ 空中戦術部隊ver./DA-30 商品の詳細


【発売】2018年12月
【価格】7000円(税別)
【メーカー】タカラトミー
  タカラトミーモール限定で受注期間は終了しています。

【付属品】

〇マニューバデルタ 空中戦術部隊ver.
〇ダイアクロン隊員
〇バーナーランス×2
〇ブーストナックル×2
〇ウイングブレード×2
〇フリーゾン反応弾×2
〇ローターヘッド
〇レイドチェンバー
〇チェンバー接続ジョイント
〇小冊子
〇取説
  付属品が多いです(;゚Д゚)

取説

 取説の写真撮影は失敗してました。
一部だけになりますm(__)m

小冊子

 マニュ-バデルタ 空中戦術部隊ver.の機体や装備に関する説明と写真が記載されています。

ダイアクロン隊員




 マニューバプロトタイプ付属の隊員同様、黄色のダイアテクターを着用しています。
彼もテストパイロットなのでしょうか?
 ダイアテクターの色以外は一般のダイアクロン隊員と同仕様です。

スポンサーリンク

パワードスーツ・マニューバデルタ 空中戦術部隊ver.

 大気圏内・圏外を問わず 柔軟な空中戦闘機動能力を誇るパワースラスター型PS機であるマニューバデルタで編成された「空中戦術部隊」です。編隊空中戦闘による様々なフォーメーション機動を駆使して敵機を撃破します。空中機動に適したマシンモードから格闘機動に適した人型の機動モードへと状況に応じて機体自体を変化させて戦うデルタ機の戦闘スタイルは 開発中の次期新型戦闘マシン群の基本コンセプトに継承されています。

レイドチェンバー


 陸送用のランドタイプのレイドチェンバーです。

 マニューバタイプ専用アタッチメットを懸架するアームハンガーが増設されたカスタマイズモデルです。

格納モード


 バーナーランスを取り外し、ブーストナックルを装着してグラビトン高速徹甲機銃を機体内に収納して格納mオードに変形します。

搭乗モード

機動モード




 頭部はなく頭部に相当する部分にはグラビトン高速徹甲機銃が装備されています。

 基本的にこの状態での戦闘は考慮されていないと思います。
ワルダースーツが飛行形態でいる間の撃破を目的にデルタは開発されているので、そのコンセプトは空中戦術部隊でも同様だと考えられます。

 なので万が一機動モードでの戦闘になるとしてもフル装備の状態での戦闘が基本になると考えられます。



 基本戦術は「空中戦による撃破」なので、苦衷で撃ち漏らしたワルダースーツは地上部隊に引き継がれると考えられますが、何ら事情で
地上部隊を随伴できない、もしくはデルタのみの編成での作戦行動の場合に機動モードによる地上戦闘が行われるのではないでしょうか?
 確実にWくぁるだースーツを撃破するために機動モード時の物騒は近接戦闘用の武装が用意されいると考えられます。

 武装yは一般機と同じものが用意されています。
グラビトン高速徹甲機銃

 飛行モード機動モード両モードで使用可能な固定武装です。

 フリーゾンエネルギーを高速発射することで強力な貫通力と破壊力を発揮します。

バーナーランス

 燃焼した超高圧ガスを約3メートルの槍状に噴射して対象を刺突、溶断する接近戦用武器です。下部にはアームクローを装備しています。
 

ブーストナックル

飛行モード時にはブースターとなります。FZエネルギーで稼動するメカを一時的に機能停止にさせるFZプラズマボールの発射も可能です。

ウイングブレード


サブブースターを内蔵した超硬度合金製のウイング型ブレードでクラッシュキャリバーと同じく、ダイアクロム光子結晶体を翼のエッジに集束生成させ敵を切り裂く切断攻撃用武装です。

フリーゾン反応弾

破壊力抜群のミサイルで空中爆雷としても使用可能です。

メックモード

ライドフォーム

 従来機からあるメックモードのフォームです。


 メックモード時にもハッチを閉じることができます。

ダイブフォームが2つの飛行モードになっています。

ジェットスカイモード


 ウイングブレードは揚力効果の為では無く 迎角調整によるアクロバティックな飛行制御、及び 切断攻撃用のカッターブレードとして設計されています。
翼が破壊されても飛行には支障はありません。主力武装はグラビトン高速徹甲機銃です。


 

アタックヘリモード


 市街地や森林部などジェットスカイモードによる高速戦闘が困難な場所で用いられます。空中での静止や方向転換も容易に行えて立体的な戦闘が可能となります。


スポンサーリンク

パワードシステム・マニューバデルタ 空中戦術部隊ver./ DA-30レビューまとめ

  • ダイアクロン隊員のダイアテクター、機体色以外は一端用のマニューバデルタと同仕様です。
  • 関節の可動域や変形機構など従来のマニューバタイプのパワードスーツと同様です。
  • 宇宙海兵隊、独立遊撃隊い続く新たな部隊、空中戦術部隊の今後が楽しみです。。
  • マニューバアルファと共に宇宙海兵隊ver,も欲しいですね。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました