JINBAO ROBOT 豹 旋刀/Warbotron

トランスフォーマー
スポンサーリンク



 今日はJINBAO ROBOT 豹 の続きです。
JINBAO ROBOT 豹 Warbotron WB01の一体、ボルター類似品であるWhirl Windの類似品の旋刀を紹介します。

スポンサーリンク



JINBAO ROBOT 豹 旋刀 商品の詳細

【購入】2018年11月
【価格】13250円(諸費用別)
【メーカー】JINBAO
 ヤフオクでの購入です。箱・取説なしの現状品でした。
【付属品】

 
 〇裂破(オンスロート)
 〇旋刀(ボルタ―)
 〇屠夫(スィンドル)
 〇爆裂(ブレストオフ)
 〇重炮(ブロウル)
 〇各メンバーの武器
 〇合体用パーツ
 
 取説
  付属していなかったので動画レビューなどを参考にしました。

関連記事

ロボットモード


 Warbotron Whirl Windの拡大コピーなので見た目はWhirl Windとほぼ同じです。
元になったボルターのデザインを踏襲しつつかっこよくアレンジされています。

 大きさはMPサイズになっていますが元々モールドが細かく施されていたのでAir Burst同様、拡大されても大味感は感じません。

 参考にした動画に合わせていたのでうっかり武装したまま写真を撮影してしまいましたΣ(゚Д゚)

 ボルタ-に関しての情報は関連情報を参照されてください。
 コンバットロンって海外類似品業界で一番商品化されているんじゃないでしょうか?


 関節の可動範囲、保持力に特に不満はありませんでした。

 足首の可動範囲も広く接地性もよかったです。

武装

 背部のメインローターはブレードとして用いることができます。

 前腕外側に装着できますが少し緩くて保持し辛いです(´Д`)

 手に刀のように持たせることもできます。

 ロロノア・ゾロを超える4刀流です(゚Д゚;)

 両肩の銃火器を両前腕に装着できます。

 元々両前腕にミサイルが装備されています。

 手持ちの武器もあります。

 G1アニメの設定を尊重するなら粘着銃です・・・(´Д`)
ネバネバなんでしょうか?ベトベトなんでしょうか?

 オリジナル設定なら、ヘリの機種に装備されていたものなので、ガトリング砲かグレネードかであってほしいですね・・・(´Д`)

 巨大な銃も楽々保持できています。

ビークルモード


 G1アニメではカマン SH-2G シースプライトがビークルモードのモチーフでしたが、こちらは、コブラに似た感じの攻撃ヘリで実機のモチーフではないようです。

 機種にでかい銃火器が装備されてとてもかっこいいです。

 figmaスタンドではどう頑張っても無理でしたので、泣く泣くスタンドを買ってきました( ノД`)シクシク…

 おかげで浮かせることができました(*´▽`*)


 やっぱり飛行メカは空を飛ばないと( ̄▽ ̄)
これはバンダイの物でMGやHGUCを対象としていますが、付属の部品を駆使して何とか浮かせました。

JINBAO ROBOT 豹 旋刀レビュー まとめ

  • ロボット、ビークル共にWhirl Windの形状を再現しています。
  • 拡大されているので迫力があります。
  • 自重がかなりあるので強度があるスタンドが必要になります。
  • ヤフオクでの購入や海外類似品の購入にはリスクがあります。


 なかなか更新頻度が上がらないのですが2月上旬までには合体状態のレビューをしたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました