TFシージ プロール レビュー/SG-23

トランスフォーマー
スポンサーリンク



 今日紹介する戦士はプロールです、
G1アニメ初期から登場していて様々なシリーズにも登場しているサイバトロンの有名人です(*´▽`*)

スポンサーリンク



トランスフォーマーシージ プロール 商品の詳細


【発売】2019年5月
【価格】3500円(税別)
【メーカー】タカラトミー
 外箱のデザインはシージシリーズ共通の物になっています。
商品名の表記などが日本語表記に変更されています。

付属品


 〇プロール
 〇アシッドペレツトストライクブラスター
 〇パトランプ
 〇取説
 パトランプが本体と別パーツになっています。そして、武器の名前が長いです(゚Д゚;)

取説


正しい遊び方、対象年齢が日本語表記されたシールが貼られていますが、基本的には海外仕様の物が使用されています。

スポンサーリンク

プロール

 G1アニメには第1話から登場しています。劇中で外宇宙へのエネルギー探索を発案
しています。←ある意味諸悪の根源です(゚Д゚)ノ
 性格は慎重で忍耐強く、任務に対して忠実な性格の持ち主です。 論理的で、混戦時においても戦況を読む事ができるバトルコンピュータを持っていますが、突発的なトラブルに弱いです。

ロボットモード


 G1アニメのデザインを踏襲しています。
海外版での設定では副官ですが日本版での役職は戦略家です。
劇中ではいつも最前線で戦っていましたけど・・・(´Д`)

 サイバトロンのエンブレムはプロールの顔が元になっているという逸話があります。

 関節の可動等に関しては肘・膝ともに二重関節ではありませんが、充分な可動域があり足首の可動も特に不満はありません。

 立膝も可能です。写真はピンボケがひどくて・・・(´Д`)

 武器はパトランプと合体したアシッドペレットストライクブラスターです。

 G1アニメの設定ではセミオートマチックライフルでしたが、シージ版ではアシッドペレットストライクブラスターに変更されています。
 名前からして酸を発射する銃なのでしょうか?地球上での戦闘では酸をばらまくわけにはいかないので、地球のメカをスキャンした時に武器もセミオートマチックライフルにリフォーマットされたのでしょうか?戦争で酸をばらまき放題って・・・・セイバートロン星では勇気生命体は生きていけないんでしょうね(◎_◎;)

ビークルモード


 G1アニメではフェアレディZ S130パトカーにトランスフォームしていましたが、シージ版ではセイバートロンビークルにトランスフォームします。
 白黒ツートンカラーでパトランプがありパトカーっぽいですが、セイバートロ星にも警察に該当する組織があったんでしょう。

 パトカーに変形するロボットの元祖と言われていますが、真の元祖はトランスフォーマーの戦士たちの前身であるダイアクロンなのです(゚Д゚)ノ

 武器を装着することができます。

スポンサーリンク

トランスフォーマーシージ プロール レビュー /SG-23まとめ

  • ロボットモードはG1アニメのデザインを踏襲してリメイクされています。
  • ビークルモードはオリジナルのセイバ-トロンビークルです。
  • 関節の可動に関しては不満はありません。
  • 戦略家ですが最前線でバリバリ戦っています。
  • パトカーに変形するロボットの元祖はダイアクロンです(゚Д゚)ノ


 次の更新はバトルマスターのテラクサドンを紹介する予定です。
今日も頑張って目の治療にに行ってきます(゚∀゚)

コメント

タイトルとURLをコピーしました