TFシージ ジェットファイヤー 日本版誤表記?メーカーの対応 

スポンサーリンク



 トランスフォーマーシージのジェットファイヤーですが、国内版には外箱裏面のパーツリストに誤表記があるようです。
この件でのタカラトミーの対応について今日は書きます。

スポンサーリンク



TFシージ ジェットファイヤー 日本版誤表記?メーカーの対応

付属品が不足している?

 事の始まりは、ブログの記事を書く前に写真を拡大してパーツリストで付属品を確認している時でした。

 HSフォトンミサイルスカイランチャー×1と記載されています。
マスクとアーマー以外の武器は全て2個1対となっています。ですがHSフォトンミサイルスカイランチャーはこのリストでは1個だけの武器なんです(゚Д゚;)
箱の中や隙間を隈なく探しましたが、特に何も見つかりませんでした。ならば、ミサイルランチャーと言うからにはどこかに内蔵されているのかも?とアーマーやジェットファイヤー本体を調べたのですが何も見つかりませんでした。
 数名の動画配信者の方の動画を拝見したのですが、個々の武装についての説明は特になくHSフォトンミサイルスカイランチャーがどのような武器であるかもわからないまま半日が経過しました。
 

タカラトミーお客様相談室へ電話

 いつもの「サービス向上の為にお客様との会話を録音させていただきます・・・・・」を聴かされて相談室に電話は繋がりました。

 付属品の不足があるようだと言うことを伝え商品名を言おうとしたら、「商品の箱はお持ちですか?箱の裏面にあるバーコードの上の番号をお知らせください。」と言うので番号を伝えると「バーコードの数字の横に刻印されているものがあるのですが、そちらもお願いします。」小さいバーコードの上の数字を何とか見て伝えたのに、更に刻印された物を見る曜日要求されました。しかし、刻印されたものは全く視えないためそのことを伝えると「はい。バーコードの番号で確認できました。トランスフォーマーシージ25、ジェットファイヤーですね!」って・・・刻印見る必要あるのかい?(´Д`)そして「いつ頃お買い上げになられましたか?」7月27日と伝えてからようやく本題にはいることができました。小さい事を言いますが、この間にも通話料は発生しているんです。無駄な会話は辞めて欲しいですね。で、HSフォトンミサイルスカイランチャー×1と記載されているが、武器類は全て2個1対となっていて1個だけの武器は入っていない。初期不良ではないか?と言うと「は?ホトン?え??」外箱裏に書いてあるから確認するように言うと「現物はありませんのでもう一度お願いします。・・・・あぁ、フォトンですね!こちらに現物がないので少々お時間を下さい、確認をしてきます。」しばらく待った後の回答が、「タカラトミーモールの画像で確認したところ武器は全部で8個です。」いや、こちらでも武器は8個あるけど、箱の裏のパーツリストにHSフォトンミサイルスカイランチャー×1と記載されているが、1個だけの武器がないから電話をかけているんだけど!というと、「ですから、タカラトミーモールの画像で確認したところ武器は全部で8個です。」箱を見て確かめてよ。と言うと、「こちらには現物がありませんので確認できません。タカラトミーモールの画像で確認したところ武器は全部で8個です。これ以上の事は申せません。」はい!出ましたぁ~!!タカラトミーのお家芸一方的オウム返し(゚∀゚)これが出ると。もうお話にならないので、現物を確認して連絡してほしい。と伝えると「少々お時間をいただきますが・・・」1ヶ月くらいとか無しですよ。というと「そこまではお待たせしませんよ。11間ほどでご連絡できると思います( ゚∀゚)」ここで電話は終了しました。

 いつもの事ながら、なぜここまで不快な対応ができるんでしょうか?意図的にユーザーを怒らせているようにしか思えませんね(゚Д゚)ノ
 電話に対応した者は↓きっとこんな感じでしょう(゚Д゚)ノ

 怒りに震えながらも改めてパーツリストと武器を見たのですが、

 武器の種類が4種類なんですよね・・・・自分なりに行きついた結論は、本来は×2と記載するところを×1と誤表記した。です。日本語表記のシールを作って張る。なんていう小細工をした挙句に誤表記ですからね(´Д`)

スポンサーリンク

タカラトミーお客様相談室からの返事

 自分なりの結倫にたどり着き、納得したころに電話が鳴りました。

 相手はタカラトミーお客様相談室の者でした。
最初の若い女性と違い、落ち着いた感じの女性でした。「先ほどのお電話の件ですが、HSフォトンミサイルスカイランチャーとは短いミサイル状の武器と長いビーム砲のような武器を合体させた状態の物で、こちらは1個と記載しているようです。お客様に混乱を生じるような記載で申し訳ありませんでした。」との事でした。
 この写真で言うと両端についている2つの武器が合体した武器のことです。

 その場合はミサイルかビーム砲のパーツの記載自体が落ちているという矛盾があるんだけど・・・と思いましたが自分なりの結論を得ていた事と、この女性スタッフの対応が丁寧であったので、特に異を唱えることなく礼を言って電話を切りました。

 

小ネタ

 シージのジェットファイヤーの記事を書く前にG1アニメを視聴したので少し劇中再現の写真を撮ってみました。
 数百万年ぶりに目が覚めたら戦争が起きててデストロンに強制加入させられます(゚Д゚;)

「このマークを着ければ、スカイファイヤー、お前も晴れて名誉あるデストロン軍団の一員だ!おめでとう!」
 「ハイル、メガトロン!」

 「ハイル、メガトロン!」

 「いいか、宿敵サイバトロンを撃滅するのだ!!!」

 「君は科学者でいるより兵士でいる方が幸せなのか?スタースクリーム。」

「ああ。遥かにエキサイティングだしな!それにいつかメガトロンに代わって俺が軍団のリーダーになる!その時はお目を俺のナンバー2にしてやるぜ!」
 「私を氷の墓から自由にしてくれたことは大いに感謝している・・・この礼はいつか必ずするつもりだ。」

 「私にも科学者の衣を捨て兵士として戦う時がやってきたのかもしれない。」
  

 この時にサイバトロンとの戦闘になりますが、スパイクが海に落ちてしまいます(゚Д゚;)
北極の海に落ちたら秒で凍死じゃないんですか?スパイクはその後もピンピンしています(゚Д゚;)

 スパイク親子の扱いでスカイファイヤーはデストロンに不信感を抱きます。

 
 その後アイアンハイドたちの処刑を強要されますが、「私は科学者で死刑執行人ではない。」と拒否したら、友情が~とか言ってたのに即ギレしたスタスクに撃たれてしまいます。そしてアイアンハイドたちもスタスクに撃たれますが、彼らはハウンドのホログラムで助かっていたのです。そして、ラチェットがスカイファイヤーの治療をします。

 で、お約束の大混戦に突入して、コンボイとメガトロンの一騎打ちが始まります。
その最中、コンボイのそばにスカイファイヤーが・・・メガトロンはスカイファイヤーに「サイバトロンを撃滅せよ!」と命令しますが「いや、お前の命令はもう受けない。私はたった今からサイバトロン戦士だ!」

 「なん・・・だとぉ」

 「うわぁ・・・」

 メガトロンを投げ飛ばし、リフレクターをぶっ飛ばし、スタスクを倒し、デストロンの装置を破壊して氷の中に埋もれてしまいます( ノД`)シクシク…

 が‼!!翌週にはサルベージされ最終回まで結構活躍してました(゚∀゚)

 いろんな事情で当時は玩具が国内では販売されなかった彼ですが、今回晴れてアニメ劇中の姿で所商品化されました。別にバンダイからバルキリーの姿での発売でも・・・ゲフンゲフン (||´Д`)o=3=3=

スポンサーリンク

TFシージ ジェットファイヤー 日本版誤表記?メーカーの対応まとめ

  • 会話を録音しても品質やサービス向上にはつながっていないようです。
  • 毎回、期待を裏切らない糞対応に最早笑いがこみあげてきます(゚∀゚)
  • タカラトミーのお家芸一方的オウム返しもいただきました。
  • ユーザーには現物、箱、バーコードなどを要求しますが、お客様相談室には現物はなくネットの画像で判断した情報を押し付けてきます。
  • li>意図的にユーザーを怒らせて何がしたいのでしょうか???

  • スパイクは不死身の男でスタスクの友情はヘリウムよりも軽く薄っぺらいです(´Д`)

 長々と書きましたが、結論から言うとタカラトミーは品質管理もずさんで手抜きとコストカットをはき違えていて社員の大半は日本語が通じない人間と類人猿の間のような生き物ばかりの糞企業と言うことですね。

 お客様相談室の対応で納得いく対応をしてもらった事はほとんどありません!いつも不愉快な思いをしています(゚Д゚)ノ
病気や視力が落ち着いたらバリバリ働いてお金を貯めてタカラトミーの株を沢山買いたいです(゚Д゚)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました