ジェネレーションセレクト スターコンボイ レビュー

トランスフォーマー
スポンサーリンク



  世の中はトライダッシャーで盛り上がってますが、今日はトランスフォーマージェネレーションセレクト スターコンボイを紹介します。

スポンサーリンク



 トランスフォーマージェネレーションセレクト スターコンボイ商品の詳細


【発売】2019年9月
【価格】9350円(税込)
【メーカー】タカラトミー
  ジェネレーションセレクト専用の外箱になっています。カッコいいデザインです。

付属品


 〇コンボイ
 〇コンテナ
 〇シルバーマトリクス
 〇コンボイガン
 〇シール
 〇取説
 パワーオブザプライムのコンボイがリデコ元になっています。

シール


 これ見た瞬間目眩がしましたOTL
こういううところですよね・・・・タカラトミーのダメなところ(´Д`)
受注生産で通常より高い価格設定しているんだからシールくらいは貼っておいてほしいです(゚Д゚)ノ

取説


 シールの貼り方の説明が小さくて見えませんでした。
他は可もなく不可もない普通の取説です。

スポンサーリンク

スターコンボイ

 オリジナルのスターコンボイは、ヘッドマスターズでの死から復活したサイバトロン総司令官コンボイの新たな姿で、初代コンボイから数えて7代目の総司令官、そしてダイアトラスに続く新たなる星戦士でもあります。

 ゾディアックの持つ超パワーにより10メートルに満たなかった体は40メートルを超える巨体へと変化しました。また容姿にも変化が現れ、元のコンボイには無かった頭部のブレードアンテナや肩部の機銃、胸のスターシンボル、脚部のキャタピラなどが新たに備えられました。

 ジェネレーションセクト版のスターコンボイはゾディアックではなくその力の一端をもつシルバーマトリクスをプライマスから与えられて変化したという設定となっています。変化したのもヘッドマスターズの時期のコンボイ長官であるため、所謂プロトタイプです。 そのため基地モードもオミットされていますが、その強さはスクランブル合体戦士に単体で太刀打ち出来るレベルよなっています。

漫画

 デストロンとの戦闘の最中、プライマスの導きによりガルバトロンと共に異次元へと飛ばされたコンボイ長官は、そこで自らとガルバトロンが近い将来死ぬことを知ります。
反抗するガルバトロンに対しコンボイは自らの運命を受け入れ、プライマスから星の力を授かりボディがアップグレードされます。 こうして彼は未来の彼自身の力を前借りする形でスターコンボイとなり、シルバーマトリクスにスターパワーを集めて異次元の宇宙を守るべく立ち上がったのでした。

コンボイ

 初代コンボイとビークルがほぼ同じで、キャブ単体がコンボイになる他、スターコンボイへの変形時には胸部と頭を構成するコアユニットとなります。

ビークルモード


  ビークルモードの形状はパワーオブザプライム版のコンボイとほぼ同じです。

ロボットモード


 パワーオブザプライム版ではオライオンパックスでしたが、見事にコンボイになっていますスゲェ━((o(.;.;゚;Д;゚.;.;)o))━ェエェ!!!


 関節の可動範囲などはリデコ元のパワーオブザプライム版の物に準じたものになっています。

 武器はコンボイガンを分割した2丁の銃を装備しています。


スポンサーリンク

スターコンボイ

 当時のスターコンボイはマイクロトランスフォーマーと連動した基地モードがあり、電動で動くキャタピラなどが特徴でした。その代わり、ロボットモードでの可動がほとんど無かったそうです。
 ジェネレーションセレクト版はパワーオブザプライム版が元になっているので広い可動範囲があります。ビークルモードは当時版とちがい初代コンボイと同じ形状になっています。

ビークルモード


 ビークルモードは当時版とちがい初代コンボイと同じ形状になっています。プロトタイプだからでしょうか?当時版ではコンテナ部にキャタピラが王尾されていましたが、このキャタピラはローラーが変化したもので、ジェネレーションセレクト版の時代はユニクロン戦争後でローラーはユニクロン戦争で行方不明になっていたのでキャタピラが装備されていないそうです。

コンボイガンを車体に装着できます。

ロボットモード

 コンボイがコアロボとなり勇者ロボの様にコンテナがトランスフォームしたアウターアーマーととグレート合体します。

 シルバーマトリクスの力により召喚可能で、「コンテナが何処からともなく出てくる」と言う疑問への一応の回答を示した形になっています。

 アウターアーマーに変形した際にはスターコンボイとしての体の大半を形成し、合体せずともコンボイの意のままに動くことができます。その為コンボイがピンチになった時に召喚、敵を薙ぎ払って合体という芸当も可能です。

 

 当時版のスターコンボイは冷蔵庫の様な体型でしたが、パワーオブザプライム版が元になっていて電動ギミックや基地モードがオミットされているのでロボットモードのプロポーションが大変よくなっています。

 胸部にはシルバーマトリクスが収納されています。

 プライマスより託されしシルバーマトリクスの力によりスタートレーラーの召喚、自己強化、自己修復が可能で、分割したブラスターにシルバーマトリクスを接続してマトリクスウェポンモード「ビッグバンキャノン」に強化させる事が出来ます。

 関節の可動範囲はパワーオブザプライム版に準じたものになっています。


 いろんなポーズをとらせたりブンドド遊びができます(´▽`)
ですが!胸の星のメッキが傷むリスクがあるので注意が必要です(゚Д゚;)

 武装はコンボイガン、ショルダーキャノンが装備されています。


 パーツリストにはコンボイガンと記載されていますが、当時版スターコンボイの設定では専用レーザーライフルギャラクシーボンバーとなっています。

 ショルダーキャノンは砲塔が回転し、キャノンが上下可動します。

スポンサーリンク

トランスフォーマージェネレーションセレクト スターコンボイ レビュー まとめ

  • ロボットモードは当時版玩具のデザインを踏襲してリメイクされています。ビークルモードは初代コンボイと酷似しています。
  • オリジナルと違い、ヘッドマスターズの頃のコンボイがシルバーマトリクスの力でパワーアップしたスターコンボイのプロトタイプです。
  • ビークルモードはパワーオブザプライム版とほぼ同じですがロボットモードは全く述べるものになっています。
  • 可動に関してはパワーオブザプライム版に準じていて特に不満はありません。
  • シールを貼るのは自分はかなり不満でした(´Д`)


 今後もジェネレーションセレクトを集めていく予定ですが、現在中途半端になっているレジェンズ、シージを補完していきたいと思っています。正直、スタジオシリーズは挫折してしまいましたが、目とお財布と相談しながら再収集を検討したいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました